シールドトンネル縦断方向耐震設計計算プログラム

地盤の動的2次元非線形FEM解析によって地盤地震応答変位を算定し、非線形3次元応答変位法による立坑・シールドトンネル系の応答値を算出し、シールドトンネルの耐震性を照査するプログラムです。主な特長と概要は次の通りです。

◎地盤の非線形動的FEM解析による地震応答を算定

 ・FEMモデルは100%自動作成!EXCEL表で地層線を入力するだけでFEMモデルを瞬間的に自動作成。不整形傾斜基盤対応、谷状断面対応。

 ・多方向入力

 ・位相差入力(モデルの左側から右側へ、右側から左側への伝播を想定)

 ・ROモデル、HDモデル、線形モデル(等価線形剛性対応)

◎3次元非線形構造解析による応答変位法

 ・3次元立坑ーシールドトンネル全体モデル(モデルは完全自動作成)

 ・シールドトンネルは圧縮剛性と引張剛性が異なる非線形モデル

 ・セグメント圧縮応力、ボルト引張応力、目開き量、

  および立坑接続部抜出量の照査

EXCEL表による入力

 ・入力データは計算書に用いるEXCEL表そのまま